仕事

リクルートエージェントの登録・面談の流れと利用した感想【OLの転職記】

わたしは社会人三年目で初めて転職活動をしたのですが、
初めての転職活動では転職エージェントにお世話になりました!

まずはとりあえず有名なエージェントや自分の転職の目的に合ったエージェントに登録しようと思い

・リクルートエージェント
・レバテックキャリア(IT・WEB業界に特化したエージェント)
・UZUZ(第二新卒に特化したエージェント)

このみっつに登録!
この中で、特に利用していたのがリクルートエージェントです。

リクルートエージェントの担当さんには何から何まで本当にお世話になりました…!
今日はリクルートエージェントを利用した体験談を書いていこうと思います♪

スポンサーリンク

リクルートエージェントに登録したよ!

ネットでいろいろ調べたところ、とりあえずリクルートエージェントには登録しておくと良い、みたいな意見がたくさんあったので、まずは登録!
実績があり、求人数が多いのが特徴らしい。

登録は、サイトから必要情報を入力するだけ。
リクルートエージェント 登録

このあと数日以内に担当者から電話での連絡があります。
わたしが利用したエージェントはすべて登録当日に電話がありました!
対応の早さに驚いた…( ゚Д゚)!

初回の電話では、簡単に今の自分のスキルや転職理由、希望の転職先の条件などを聞かれます。
が、主な目的は面談日程を決めることなので、見構えなくてOKです!
だいたい30分ぐらいで終わったかと思います。

面談はできるなら対面がいいと思うのですが、わたしは当時なかなか都合がつけられず電話での面談を希望しました。
なので、結局担当者の人とは一回も会わないまま転職活動を終えることになりました(>_<)

リクルートエージェントの面談以降の流れ

面談日を決めたら、ここから本格的に転職活動がスタート!

①面談までに履歴書とキャリアシートを作成!

担当者の方より、面談日までに履歴書とキャリアシートを作成するようにメールでの連絡があります。
履歴書とキャリアシートは、Personal Desktopという専用のページからアップロードします。
テンプレートが用意されているので、とりあえず各項目を記載例とかを参考にしながら記載していけばOK。

履歴書の添削も行ってくれるので、面談前の段階ではとりあえず埋めておくぐらいでも大丈夫。

ちなみに、ここまでかなりスピーディに物事が進んでいきます!
履歴書を作る時間が必要になるので、エージェントへの登録は時間にある程度余裕があるときにすべし…!

②担当者との面談(わたしは電話面談をしました!)

履歴書をアップロードしたら、担当者との面談です。

電話面談では、転職エージェントについての説明を受けた後、以下のような質問をされました。

  • 今までのキャリアや持っているスキルについて
  • 転職する理由
  • 転職を希望する業界
  • 転職先に求める条件

大体一時間ぐらいだったかなと!
転職先に求める条件などは、はっきり決まっていなくても担当者さんが深堀りして探っていってくれるので、一緒に相談しながら決めていく感じでも大丈夫です。
カウンセリングを受けることで自分の今の状況や転職に求めるものが自ずと整理されます(^O^)/

③求人の紹介。興味があったら応募して選考へ!

面談の内容を元に、求人が紹介されます。
すべてPersonal Desktopから確認が可能。
Personal Desktopは専用のアプリがあるのでiPhoneからも閲覧できて便利。

スポンサーリンク

機械的に絞り込まれたものと、担当者さんが選んでくれた担当者セレクトという求人の二種類が追加されていきます。
リクルートエージェントは求人数がとにかく多い!!
毎日求人が追加されていくのでありがたいんですけど、その分選ぶのに悩みます。笑

ここから興味がある求人があれば書類を提出して、通ったら面接!という流れです。
書類については担当者さんが添削してくれるので、アドバイスを元に修正します。
面接練習のイベントもあり、無料で参加ができます。

④内定後の入社日交渉、退職交渉のサポートもしてくれる!

選考のことはまた別で書くとして…

内定後のサポートもしっかり行ってくれます。

内定が決まって承諾をすると、早速退職交渉へ。
承諾後数日以内に退職交渉をするように言われます!
退職交渉時のアドバイスなんかも丁寧にしてくれるので安心です。

わたしは内定承諾した次の日に上司に転職の旨を伝えました。

もうね、とにかく全ての展開が早い。笑
都度担当さんが電話やメールで確認を入れてくれるので、怠けてる暇はありません。笑

リクルートエージェントを利用した感想

リクルートエージェントを使って良かったこと

①求人数がとにかく多い!

リクルートエージェントの一番の特徴は求人数が多いことだと思います。

わたしはレバテックキャリアやUZUZも少し利用しましたが、紹介してくれる求人の多さが圧倒的にリクルートエージェントのほうが多かったので、結局ほとんどリクルートエージェントを使っての転職活動になりました。

②サポートが手堅い

とにかくサポートが手堅いです。
定期的に電話で状況を聞いてくれたり、選考申込や選考辞退のときなんかも早くしっかりと対応してくれます。
書類の締め切りなどもメールできっちりリマインドしてくれるので、スケジュールの管理もしやすいです。

初めての転職活動でも、エージェントに任せて進めていけば問題無し。
わたしは参加しませんでしたが、面接練習のサービスもあって、転職初心者には特に安心です。

③対応が早い

登録してからの対応が早い!
登録後、当日中に電話での連絡がきて、書類作成⇒面談⇒選考⇒承諾⇒退職と、ここまでかなりスピーディに進んでいきます。

リクルートエージェントを使って悪かったこと

正直特に不満は無かったのですが、しいて言えば。笑

①営業担当者との相性が大切

わたしは幸いにも話しやすい女性担当者の方が就いてくれて、親身に話を聞いてもらいましたし、手際よく進めてもらってすごくやりやすかったです。
エージェントを利用するときに、担当者と相性が合うかどうかは一番大切といっても過言ではないかと思います。
担当者は原則選べないので、そこはもう運かも…( ;∀;)
どうしても合わないと思ったら、担当者を変えてもらうのも手ですね。

②対応が早すぎる。笑

これは良かった点の裏返しなんですが、対応が早いので時間に余裕がない人には不向きです。

まず面談までに書類を作成しないといけないですし、書類を応募するときに写真を用意したり、面接に行くときにはスーツを用意する必要などもあり、対応が早すぎる故に準備が追い付かないという事態に陥る可能性があります。

提出期限が守れないとエージェントからの信用が落ちて求人を紹介してもらえなくなる、なんてことも最悪あり得るので注意。

③紹介してもらえる求人が多すぎて自分で選別する必要がある

どんどん求人が追加されていくので、自分で選別する必要があります。
中には機械的に振り分けられているものもあるので、明らかに自分が希望していない求人が紹介されることもあります。

あとは企業からスカウトが来ることもありますが、それもこちらの希望は無視で送られてくるので、自分が希望している条件と合っているかどうかはある程度自分で判断する必要があります。

わたしは担当者さんが選んでくれたおすすめ求人(担当者セレクト)を中心に選考を進めていました!

まとめ

わたしはリクルートエージェントを使って良かったと思ってます!

なんといっても紹介してもらえる求人の多さ。これに尽きるかなと。
あとは担当者さんとの相性によって満足度が変わると思います。
転職するかどうか迷っている方も、面談を受けることで自分の市場価値が分かったり、キャリアについて相談に乗ってもらえるので、とりあえず登録して面談を受けてみるというのもお勧めです。
(実際、わたしも社会人二年目で転職するか迷ったときに面談だけ受けたことがあります。)

以上、リクルートエージェントを使った体験談でした(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク