イベント

横浜アリーナの立見は場所取りが必要?見え方は?きつい?【体験談紹介】

横浜アリーナ 会場

先日、スキマスイッチの15周年記念のライブ(Reversible)に行ってきました!!
立見席のチケットしか残っていませんでしたが、ずっと行きたかったライブなので、迷わず立見で購入!

とはいえ、ライブ初心者で立見席は初めてだったので、以下のような不安がありました。

「立見席って自分で場所取りが必要?早い者勝ちだったりする?」
「立見席の見え方は?ちゃんと見えるかな?」
「立見って体力いるの?きつい?」

それで事前にいろいろ調べてから行ったのですが、事前調べとは違ったこともありました( ゚Д゚)

ということで、この記事では、
横浜アリーナに立見のチケットでライブに行ってきた際の体験談を書こうと思います♪

横浜アリーナで立見のチケットを取るか迷っている方や、これから立見でライブに参戦予定の方はぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク

横浜アリーナの立見は場所取りが必要?

立見席のチケット整理番号の意味は?【事前調べ情報】

さて、立見というと事前に場所取りが必要なのでしょうか?
まずわたしが気になっていたのは、チケットに書いてある整理番号の意味です。

チケットには、「アリーナXブロック *列 XX番」と書いてありました。

横浜アリーナ チケット

ネットで検索したところ、
「チケットに書いてある番号順に並んで、入ってから場所取りをした」
という話が多数。

つまり、エリアのみ指定されていて、あとは整理番号順に並んでから場所取りをするんだな、と理解。
場所取りするなら開場前には着いてないと!と意気込んでいました。

が、結論を先に言ってしまえば、開場前に行かなくても大丈夫だったんです!

いざ横浜アリーナへ!立見席の場所取りについて【結論】

結論から言うと、横浜アリーナの立見席は場所取りが必ずしも必要というわけではありません。

わたしが行った際はあらかじめ場所が指定されていました。

立見席は場所指定になっていて席の足元に番号が書いてあり、その番号のところで見ればOK。
場所取りのために急いで行く必要はありませんでした!
(ちなみに、荷物チェックの列がすごかったので、開場に入るまで15分ぐらいかかりました。汗)

横浜アリーナ 立見席(↑こんな感じでテープに番号が書いてありました。)

後で知ったのですが、立見席は主催者の意向により入場の順番やエリアが変わるようです。
今回のように場所が指定されていることもありますし、番号順に並んで自分で場所取りをする場合もあります。
これはイベントの問合せ先に聞くのが一番確実みたいです。

おそらくですが、立見席は自分で場所取りするものと思っている方が多いのか(私もそう思ってた)、わたしがライブに行ったときも走って立見席に向かっている方が目立ちました。

ということで、横浜の立見席は指定席の場合もあります!
事前に問い合わせて確認するのが確実です!

横浜アリーナのトイレ事情とフードショップ【余談】

余談ですがわたしのもう一つの心配がライブ前にお手洗いに行けるのか(混雑するのでは?)ということだったのですが、結果余裕でした\(^o^)/

スポンサーリンク

トイレの数が多いので、開演40分前頃に行ってすんなり入れる状態。
外のベンチに座って開演まで待つ余裕すらありました♪

ただ、30分前頃から列が伸び始めてどんどん長くなっていたので、なるべく早めに行くのをお勧めします。

フードショップも直前まで空いていたので、横浜に来た記念に横浜唐揚げなるものを購入して腹ごしらえ。
肉まんやフランクフルト、フライドポテトなどがありましたよ。
フードショップは開演10分前でも余裕で買える状態で、周りのベンチも空いてました。

横浜アリーナ フードショップ

横浜アリーナの立見席の見え方は?

場所取りの他に気になるのが、立見席でもちゃんとステージが見えるのか?ということだと思います。

これも結論から言えば、「特にストレス無くステージが見えました」。

ちなみにわたしがいたのは2階の立見席です。

隣の人との距離も特に気にならないぐらいスペースが取ってありましたし、ステージとの距離ももの凄く遠いというわけではないので見やすかったです。

前の座席と高さに差があるので、前の座席の人が立ったとしてもよっぽど背が高い人でなければ視界は遮られないと思います。
隙間からも十分に見えたので特にストレスは感じませんでした!

(↑前の人が立っても特に問題無し)

ただ、立見席が二列構成の場合や、稀に4階立見席ができることもあるようです。

二列の場合は前の人と同じ高さで立つことになるので、チラチラっとしか見えなくなってしまう模様。
背の低い人の後ろを場所取りできると良さそうです。

また、4階立見席の場合はかなりステージから遠くなるので双眼鏡があったほうがいいかもしれません。(逆に2階立見席なら不要)

横浜アリーナの立見はきついのか?【当日の感想】

立見を楽しむために体力は必要?

最後に、立見席の不安は体力が持つかどうかでした。
足が疲れてライブ後半楽しめなくなったらどうしよう…とか。
ちなみにわたしは運動とは無縁で体力全くないです。

でもね、余裕でした!(^O^)
今回のライブは3時間ほどの長さでしたが、疲れは特に感じず楽しむことができましたよ!

ただ、靴はスニーカーなどの履きやすいものにすることをお勧めします!

荷物のスペースは十分にあるの?

荷物に関しては、立見席の床に置くことになります。
横に荷物を広げる余裕はないので、自分の前か後ろに置きます。

床に直に荷物を置くのが嫌な方は、ビニールなどを持参するといいですね。
(皆さん特に気にせず床に置いてましたが。)

また、荷物が大きい場合、前に置くと邪魔なので後ろに置くことになりますが、防犯上ちょっと不安だと思うので、なるべく荷物は少なめで行くことをお勧めします。

まとめ

ということで、最後に横浜アリーナの立見席についてまとめます。

・立見席の席取りの方法は様々!
 あらかじめ場所が指定されている場合も、自分で場所取りする場合もある。

・2階立見席ならストレス無くステージが見える!

・2階立見席二列目や4階席の場合は少し見えづらいかも。

・体力無い人でも楽しめる!

以上、これから横アリに参戦する方の参考になれば幸いです。

体力がないわたしでも立見で十分楽しめたので、個人的には立見席でも行きたいライブなら行くことをお勧めします♪

それでは、横浜アリーナの立見席の体験談でした♪

スポンサーリンク