仕事

会社は定時で帰りたい!定時退社のメリットデメリットを考えてみる。

無駄な残業なんて、嫌いだーーー!!!

定時で帰りたい!!!

ヽ(`Д´)ノ

がおー!!

と、いきなり心の叫びから失礼しました、七瀬ユウです。
(どんな挨拶だよっていう・・・笑)

わたしは残業は残業でも、無駄な残業というものが大嫌いです。
周りが残ってて帰りづらいから残業とか、よくわからん制度のせいで残業するとか、いてもいなくても変わらないのに残らされるとか?
そういうのがほんとに嫌いでそういう残業があった日は心の中で悪態ついてますw
(が、そのくせ気にしいな一面もあるため顔には全く出せないというタチ悪いやつです。←)

今日はそんなわたしが、定時退社のメリットとデメリットについて考えてみました。

会社の残業とか定時退社についてとか、そういうのは最近よく話題に上がるようになりましたよね。

定時退社をする社員は努力してないとか、やる気がないとかいう人もいれば、
時間内に仕事を終わらせてるんだからいいじゃんむしろ有能では?とか。
(わたしは圧倒的後者派。笑)

みなさんも一緒に定時退社について考えてみませんか?

スポンサーリンク

会社は定時で帰りたい!賛成!だけど…?

みなさんは火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」見てますか?
わたしはこのドラマを見て共感どころしかありませんでした。笑
(見たことない方はぜひ見てみてください!おそらくこの記事にたどり着いた方なら共感できるハズ…。笑)

残業してる社員ほど頑張ってるという評価をくだす上司とか、過去の自分の経験を元に「わたしのときは…」なんて語りだす上司とか、かたやすぐに「仕事辞めます」と言い出すゆとり社員とか。笑
会社のあるあるがつまってて大好き(/ω\)

で、わたしがいちばん共感するのは主人公ゆいの働き方・考え方です。

・自分の仕事は定時内に効率的に終わらせる
・急なトラブル時の対応はきっちり行う
・チームメンバーのフォローもしっかり行う

うん!この働き方理想!って思いました。

最近はこうした定時で帰ることを主題にしたドラマが放送されるぐらい、定時退社を肯定する意見も増えてきている世の中。
でも、同時に「定時退社ができる=楽できる」という考えで会社選びしている人も増えてきてしまっているような気がします。

定時に帰ってプライベートを充実させたいっていう意見にはものすごく賛成だけど、「やるべきことちゃんとこなしたうえで」っていう前提がまずあるよね。
あと、定時に帰ることを優先してトラブル対応とか周りのフォローとか全くしないってのもやっぱり違うよねと。

自分の仕事の効率を上げて定時内に仕事を終わらせる!周りとのコミュニケーションはしっかり取る!
これがわたしの理想の働き方です。

・・・あれ?なんか話が散らかってきた?笑

ってことでそろそろ、本題の定時退社のメリットデメリットについて考えてみましょう!笑
ちなみにこの記事では雇われ側としての視点で語っています~。

定時退社のメリットは?

①プライベートの時間が充実する

まず第一にこれ。当然だけどこれです。

仮に定時が18時なら、そこから寝るまでの時間は6時間ぐらいあるはず。
いや6時間て、長っ!!
帰宅時間30分、夕食30分、お風呂と家事で1時間としても、4時間は自由に使える時間がある!

この4時間の間に、友達や彼氏とのご飯を楽しむも良し。
家でテレビや映画を見まくるも良し。
仕事帰りにお買い物するも良し。
習い事だってできちゃう。

スポンサーリンク

とにかく自由です。

②食事と睡眠を整えて健康になれる

定時帰りができれば仕事帰りにスーパーに寄って帰ってから自炊なんてことも可能。
余力があればお弁当作りなんかも可能。
お財布にも身体にも優しい生活ができます。

あとはゆっくりお風呂に入って早めに寝ることができるから、
睡眠時間もたっぷり取れてめちゃめちゃ健康的。

③スキルアップの時間に使える

定時退社をして仕事関連の勉強をしたり、副業をしてみたり。
仕事じゃなくてもお料理教室通うとか趣味として何か勉強してみるの良いし。
定時後の時間をスキルアップの時間に使うことで、自分の成長に繋がります。

④仕事のモチベーションが上がる

「今日も定時に上がるぞ!定時後に彼氏とご飯に行くんだ!!」
なんてワクワクしながら仕事に取り組めば自ずとモチベーションも上がるもの。
定時に上がるために仕事ができるようになりたいと思って効率的に仕事をこなそうとも思える。

反対に、「今日もどうせ残業だ…」なんて思ってるとモチベーションはだだ下がり。
(わたしが今いる会社では制度で残らないといけない日が数回あって、そういう日は気持ちが全く乗らない…。)

⑤ストレスが激減する

これは①~④を踏まえてだけど、プライベートが充実して、健康的に過ごせたらストレスは激減します。
定時後の時間でしっかりリフレッシュの時間を取れる。
てかそもそも定時に上がるといっても7.5時間ぐらいは働いてるわけだからね。
リフレッシュしてストレス発散する時間は大切ですよね。

定時退社のデメリットは?

①会社によっては評価が下がる

悲しいかなこういう会社もありますよね。
定時退社している=やる気がないとみなすような会社や上司の元で働くと、評価が下がる可能性もあるということは覚悟しないといけないかもしれません。
(本当はそういう会社がおかしいんですけどね…。)

②会社によっては周りから白い目で見られる

これも①と似たような話で、残業して頑張るのが良しという考えの人からは白い目で見られる可能性があります。
また、定時内に上がろうと思ったら必死に仕事をこなす必要があるため、社内の人とのコミュニケーションが減って、結果的に関係が悪くなってしまうということもありえますね。

③残業代が入らない

これはもしかすると残業が常となっている方からしたら痛いデメリットなのかもしれません。
たとえば毎月50時間残業してた人が残業ゼロになったとしたら、下手したら10万円ぐらい差がでたりするかも…?
少なくとも毎月5万円ぐらいの差になるから年単位でみたら60万円…なかなか大きい金額ですね。

④ダラダラ仕事はできない

当然ですがダラダラ仕事してたら定時内に終わらないので、効率良く仕事をするための工夫や努力をする必要があります。
常にオンモードでシャキシャキ働かないといけないので、それはそれで大変かもしれません。

まとめ

定時退社のメリット・デメリットについて考えてみました。

それぞれいくつか挙げてみましたが、それでもわたしは定時退社が正だと思いましたね。

同じように、この記事を読んで「やっぱり定時で帰りたい!」と思った方はこちらの記事↓も合わせて読んでみてください♪
>> 定時に帰れないのはなぜ?帰る方法を考えよう!

ちなみに今回は雇われ側としての視点で書きましたが、会社としても生産性が上がって残業代を支払わなくて済むのだからwin-winのはず。
(なんかかっこいいから「win-win」って使ってみたかった。笑)

そもそも定時に上がるからといって評価を下げたり白い目で見てくるような環境はおかしいです。
批判覚悟(とはいえ批判されるほど読者がいないという悲しい事実w)で書いてしまうと、そういう環境なら転職するか、異動願いを出すのがいいと個人的には思います。
長年培われてできた環境を変えるというのはなかなか難しいことだと思うので、自分から逃げるしかないです。

みなさんは定時退社についてどのように考えますか?

それでは、七瀬ユウでした!

スポンサーリンク