旅行記

別府地獄めぐりのバスツアー 予約方法や料金、所要時間など徹底レポ!

日本屈指の温泉地で、湧出量世界第2位を誇るのが、大分県別府市。
そんな別府の観光といえば、地獄めぐりが有名ですよね。
別府温泉に存在する「地獄」を回る、定番の観光コースです。

亀川の地獄地帯は、千年以上も昔より噴気・熱泥・熱湯などが噴出しており、近寄ることもできない土地として「地獄」と呼ばれていたそうです。
その名残があり、今も鉄輪では温泉噴出口を「地獄」と呼んでいるんだそうですよ。

地獄巡り 温泉

さて、地獄めぐりはレンタカーやタクシーなどを利用して回ることもできますが、手軽に利用できるのが亀の井バスが運行する定期観光バス、別府地獄めぐりコースです。

この記事では、実際にわたしがバスツアーを利用した体験談や感想なんかも踏まえつつ、地獄めぐりのバスツアーについて、予約方法や料金、所要時間などをご紹介します。

地獄めぐりにバスで行こうと思っている方、必見です(^O^)/

スポンサーリンク
  

別府地獄めぐりのバスを予約しよう!

定期観光バス、別府地獄めぐりコースとは?

亀の井バスは、「別府観光の祖」である油屋熊八が昭和3年に興した会社です。
日本発の女性初のバスガイドを乗せた地獄めぐりバスの運行をはじめたことが、地獄めぐりバスツアーの元祖となっています。

別府地獄めぐり バスツアー

バスツアーでは、「別府駅東口の定期観光バス乗り場」または「亀の井バス北浜バスセンター」をスタート地点として、7つの地獄をめぐっていきます。
別府駅9:20発(北浜バスセンター9:15発)と、別府駅14:00発(北浜バスセンター13:55発)の一日二便の運航です。

亀の井バス 地獄めぐりバスツアーの内容
①海地獄
②鬼石坊主地獄
③かまど地獄
④鬼山地獄
⑤白池地獄
⑥血の池地獄
⑦龍巻地獄

7つの地獄を効率よく回ることができますよ♪

地獄めぐりバスツアーの予約方法は?

地獄めぐりバスツアーは平成30年7月1日からは事前予約制となりましたので、利用する際は必ず予約をしましょう♪
運行日の二か月前の午前10時から予約が可能です。

予約方法は二種類あります。

①ネット予約

ネット予約は24時間予約が可能です。
高速バス予約サイト「@バスで」にアクセスして予約しましょう。

スポンサーリンク

ちなみにわたしはネット予約を利用しましたが、10分程度でサクっと予約できましたよ♪
利用日の10日ほど前に予約をしましたが、問題なく空いていました!
木曜日が休日だった週の金曜日という、そこそこ繁忙期と思われる日でも10日前で予約ができましたので、そこまで急いで予約をする必要はなさそうです!
(もちろんなるべく早めに予約したほうが安心ですが!)

②電話予約

亀の井バス北浜バスセンターへ電話することで予約ができます。
受付電話番号:0977-23-5170
(※2019年4月23日現在の番号)

受付時間は午前8時から午後6時30分までです。

別府地獄めぐりのバス料金は?

バスツアーの料金は以下の通りです。

亀の井バス 地獄めぐりバスツアーの料金
・大人 3,650 円
・高校生 3,060 円
・中学生 2,750 円
・小人 1,740 円

この料金には、7つの地獄すべてに入れる共通入場券(通常価格大人1人2,000円)が含まれています。
かなりお得感のあるツアーなのではないでしょうか。
タクシーやレンタカーを借りるよりだいぶ安くつきますね♪

別府地獄めぐり バスツアーの所要時間は?

バスツアーの所要時間は約3時間です。
わたしが実際に行ったときもそれぐらいでした(^O^)

3時間で7つの地獄を回るので、ひとつひとつの地獄を見る時間は少な目です。

とはいえ、地獄蒸焼プリンという地獄名物を食べる時間だったり、お土産を見る時間は十分取ってもらえました!
各地獄について、バスガイドさんがしっかり解説もしてくれます♪

地獄蒸焼プリン

効率良く周りたい方にはうってつけ!
逆に、ひとつひとつの地獄をゆっくり見たい方には不向きかもしれませんね。
(とはいえひとつの地獄を見るのにそこまで時間は要さないので、わたしは気にならなかったです!)

ちなみに、バスツアーの流れや各地獄の見どころやなどは、別記事で詳細を書いています。
実際のバスツアーの内容や地獄について知りたい方は合わせてご覧ください♪
>> 別府地獄めぐりのバスツアーに行ってきたので、見どころを紹介♪

まとめ

今日は別府地獄めぐりのバスツアーについてご紹介しました!

手軽さや楽さ、ツアー内容の充実度など総合的に見て、バスツアーはかなりお勧めです(´ω`*)!
もしわたしの友達が地獄めぐりしたいと言っていたらこのツアーをお勧めすると思います♪
ぜひご検討ください~!
(バスツアー会社の回し者ではありません。笑)

以上、七瀬ユウでした!

スポンサーリンク