スポット

昭和記念公園のネモフィラの場所や感想、混雑具合をレポ!お勧めです!

『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』にも選ばれた、ネモフィラ畑。

ネモフィラを見れる場所として最も有名なのはひたち海浜公園ですが、
見頃となる5月のGW付近は、毎年大混雑!
GWになると、道路渋滞で入るまでに3時間以上、
チケット購入にも1時間以上かかるほどの混雑ぶりだそうです(゚Д゚;)

そこで、ネモフィラを見てみたいけど、混んでいる場所に行くのはちょっと気が重いな…
という方にお勧めのスポットが、立川にある国営昭和記念公園
ひたち海浜公園ほどの大きさではないものの、
約20,000株のネモフィラが一面に広がる光景を見ることができます!

2018年に昭和記念公園に行ってきましたので、そのときの感想も含めて、
昭和記念公園のネモフィラについてご紹介したいと思います(´ω`*)

スポンサーリンク
  

昭和記念公園のネモフィラの場所など、公園の基本情報

昭和記念公園の開園時間と入園料は?

まず、昭和記念公園の開園時間は、
・3/1~10/31:9:30~17:00
・11/1~2月末日:9:30~16:30
・4/1~9/30土日祝:9:30~18:00
です。

ネモフィラシーズンの土日祝は18:00まで空いているのが嬉しいですね。

また、入園料は
・15歳以上:450円
・中学生以下:無料、
・65歳以上:210円
となります。

昭和記念公園へのアクセスは?

昭和記念公園に電車で行く場合、6つの入口があります。

①あけぼの口:立川駅より約10分
②昭島口:東中神駅より約10分
③立川口:立川駅より約15分
④玉川上水口:武蔵砂川駅より約25分
⑤西立川口:西立川駅より約2分
⑥砂川口:武蔵砂川駅より約20分

ネモフィラが咲いているのはもみじ橋近くの丘で、
ここから近いのは②昭島口と⑤西立川口になります。
昭島口と西立川口からネモフィラのエリアまでは、大体歩いて10分程度です。

公園内はかなり広いので、
ネモフィラ付近だけを見たい方はどちらかの駅から行くことをお勧めします。
駅から近い、西立川駅から行くのが特にお勧めです^^

ネモフィラの見頃は?

ネモフィラの見頃は、例年4月下旬~5月中旬頃になります。

ネモフィラの開花状況については、
国営昭和記念公園のホームページで確認することができますので、
詳しい開花状況を知りたい方はホームページをご確認ください。

国営昭和記念公園のホームページはこちら
(トップページから上部バーの「花情報」をクリックすると開花状況が書かれているページに飛びます♪)

スポンサーリンク

昭和記念公園のネモフィラの感想!

わたしは2018年の5月6日(GW最終日)にネモフィラを見に、
昭和記念公園に行ってきました(^O^)/

立川口から行ったのでネモフィラのエリアまで歩いて20分以上かかりましたが、
自然豊かな公園を散歩するのはなかなか楽しかったです♪

ネモフィラですが、大きいスペースではないものの、
びっしりとネモフィラが植えられていて、
あたり一面、綺麗な青色が広がっていました!

当日は快晴だったので写真に映えました♪

ネモフィラの他にもいろんな種類のお花が植えられていて、
一年中、季節のお花を楽しむことができます。

【おまけ】ポピー畑もお勧め!!

おまけの話になりますが・・・
ネモフィラの他にぜひ見ていただきたいのが、ポピー畑です!!
約180万本のポピーが咲き誇り、本数の多さからも、
昭和記念公園は都内一のポピーの名所と言えると思います。

ポピー畑については別記事にまとめていますので、
ぜひ合わせてこちら↓もご覧ください^^
昭和記念公園のネモフィラの場所や感想、混雑具合をレポ!お勧めです!

昭和記念公園のネモフィラの混雑状況は?

わたしが行ったのはGW最終日の日曜日でしたが、
お昼前ぐらいに行って全く混雑は気になりませんでした!
入場も特に並ぶことなくすぐに券を購入できましたよ♪

GW中に行ってこの状態なので、
おそらくいつ行ってもそこまで混雑することはないかと思われます。
ひたち海浜公園と比べると雲泥の差かと(゚Д゚;)

昭和記念公園のネモフィラはそこまで有名になっていないようなので、
穴場スポットだと思います。

まとめ

昭和記念公園のネモフィラについてご紹介しました。

最寄り駅の西立川駅までは、
新宿駅から約30分、東京駅から約45分と、
1時間以内で行くことができてアクセスも良いです。

「ネモフィラを見てみたいけど、混雑が嫌だ!」
「ひたち海浜公園ほどの規模じゃなくてもいい!」
という方は、昭和記念公園を検討してみてはいかがでしょうか♪
(規模は小さくても、綺麗で満足感はありましたよ^^)

スポンサーリンク