システムエンジニア

SEの残業の実態!休日出勤はある?SEとして働く私が感じたこと

今日はちょっと、SE(システムエンジニア)の残業事情についてお話してみようかと思います。

みなさんSEと聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?
残業が多いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?
最近は、SEを表す言葉として、「3K」(きつい・帰れない・給料安い)なんて言葉も
聞くようになりました^^;

わたしは新卒でSIer企業に入社して、今まで三年間SEとして働いています。

三年間で二回異動をして三つの現場を経験しました。
また、大学が情報系だったこともありSEの友達が多いので、
SE事情に関してはそこそこ知っているほうなんじゃないかな?と思います。

  • SEって残業が多いと聞くけど、実際はどうなの?
  • SEって休日出勤が多いの?

そんなことが気になる方はぜひ読んでみてください^^

スポンサーリンク

SEの残業の実態は?

まず、SEの平均残業時間について

厚生労働省が公表している残業時間やネットでのデータを見ると、
SEの平均残業時間は20時間前後と書かれていることが多いです。

残業時間20時間というと、月に20日働くとすると一日1時間の残業。
定時が18:00であれば退社時間は19:00。
意外と少ないと感じる方が多いのではないでしょうか?

実際にSEとして働いてみて残業時間はどう?

さて、前述した通り平均残業時間は20時間程度となっており、
実際にわたしの勤めている会社も残業平均は20時間程と公表しています。

もちろんこのデータに嘘はないと思います。
実際、残業をほとんどしたことがない同期も何人かいます。

ただ、実際に働いてみて思うのは…。
SEは、忙しいときと忙しくないとき、または、
忙しい部署とそうでない部署の差が大きい
ということです。

それは、SEが、「納期がある仕事」であることが大きな要因だと思います。

要件定義から始まって、設計、実装、テストと進んでいくわけですが、
要件定義や設計の段階では比較的余裕があることが多いですが、
実装、テストと進んでいったときに、バグが発覚したり、
顧客からの突然の仕様変更が入ったり(←これSEあるあるだと思ってる)、
そんなことが日常茶飯事です。

それでも、基本的には納期は絶対です。

そうなると、残業でカバーするしか方法がなくなります。
(人員を増やすという手もありますがそれでも追いつかなかったり、
そもそも増やせない状況であることも多い。)

実際にわたしも、成果物の納品のスケジュールが厳しくて、
納品日に終電まで残業をしてたこともありますし、
はたまたリリースまで日がなくていわゆるデスマーチ状態になり、
月の残業時間が70時間を超えたことなんかもありました。

スポンサーリンク

炎上しているプロジェクトっていうのはどこかしらに常にあって、
そこにいる人たちは残業が多いイメージです^^;

最近はだいぶ残業削減の流れがあるので
残業100時間超えだとかはあまり聞かなくなりましたし、
忙しいのは納品間際の時期だけであることがほとんどです。

ただ、確実に忙しい時期とそうでない時期に差が出やすい仕事だと思います。

休日出勤はあるの?

それでは、SEは休日出勤はあるのか?
という話ですが…これも会社や部署によるという前提の上での話になりますが、
休日出勤が発生しやすい仕事だとは思います。

これは残業が多い要因と同じくSEが「納期がある仕事」だからということ、
(納期に間に合わないなら休日出勤してカバーするしかない。)
そして、「システムをリリースするのは休日になることが多い」こと、
という二つの理由があります。

たまにインターネットのサイト上で、「システム移行をします」とか、
「メンテナンス中です」とか書かれているのを見かけませんか?
そして、それって休日だったり深夜であることが多くないですか?

あの裏で、SEは仕事をしているわけです。笑

実際わたしも、クリスマスや年末年始にリリースがあって
出勤したことがありました。

あとは、保守になると夜勤や早朝勤務なんかが入る可能性もあります。

以上のように、
どうしても不規則勤務や休日出勤が起きやすい仕事だと思います。

SEで残業を減らすには?

なんだかSEのネガキャンみたいになってしまいましたが…(汗)

SEは、工夫次第で残業を減らすことがしやすい仕事だとも思います。

というのも、SEって同じ仕事をするにしても、
能力(技術)がある人とない人では作業時間が倍ぐらい変わったりもする仕事です(゚Д゚;)

ルーティン作業をツールやマクロを使って効率化させたり、技術を勉強したり。
そういった努力がストレートに仕事に活きます。
マクロを作ってチームの人に共有したりすると感謝されますし、
プログラミングなどを勉強しておけばその知識が仕事で役立ったりします。

なので、学ぶことが好きな人や、工夫をして仕事をしたい人にとって、
SEはやりがいを感じやすい仕事なんじゃないかなと思います^^

まとめ

SEの実態を赤裸々に綴ってみました!
いかがでしたでしょうか?

SEは仕事の特性上、残業や休日出勤が発生しやすい仕事ですが、
その反面、工夫次第で残業削減もしやすい仕事です。

特にITが好きな方であれば、勉強したことがそのまま業務に活きるので
やりがいを持って仕事に取り組めるかと思います^^

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

以上、七瀬ユウでした!

スポンサーリンク